DUE DILIGENCE / 客観的未来価値予測

不動産の現況調査、市場動向や収益の分析などによる価値査定、さまざまなアプローチ評価による物件の実勢流通価格を導き出すデューデリジェンス業務を提供します。
当社では不動産投資に関わるデューデリジェンスにおいて、オフィスビルや商業施設、ホテル等の事業系不動産から居住用マンションの区分所有または一棟物件及び収益マンション等の住居系不動産など、あらゆるカテゴリーを網羅した評価を行ってきた実績があります。これらは単なる「相場」の算出ではなく、投資戦略に直結した答えを出すツールとして提供されます。下記に記載する調査項目と分析を基に、客観的な価値予測を基準としてこれからの投資戦略にお役立ていただくため、方法論とデータを駆使し、ニーズに応じた評価や査定を提供していきます。

不動産評価査定・法務調査

不動産の取引に先立ち、物件の状況や権利関係の調査、市場動向や収益の分析など、詳細な調査が必要とされます。また、不動産投資においては、収益性や投資効率の極大化とリスクの極小化のため、より精度の高いデューデリジェンスが重要です。当社では、物件特性や流通市場性などのマーケティングをベースとし、物件の種別や類型に応じた多角的かつ広範囲な調査、分析方法を用いています。それによってリスクを顕在化し、さらに投資回収期間により価値判断基準の変動予測や運用方法の違いによる収益率の増減予測、また不動産証券化などのさまざまな目的に応じた戦略等を想定し、価格の査定や評価を行います。同時に、独自の業務マニュアルや定型のフォーマットを用いてクオリティを確保し、全国規模の不動産情報ネットワークを活用することで、低コストでスピーディな、エリアを問わない機動的な対応を実現しています。

調査項目と分析法

調査
  • ●不動産の現況調査(土地状況/建物状況/環境)
  • ●法的調査(権利関係/賃貸借契約関係/占有状況/売買契約書関係)
  • ●経済的調査(マーケット/収益、支出)
分析
  • ●投資対象の不動産担保付債権の評価
  • ●債権売却に際しての担保不動産の評価
  • ●リスク分析/キャッシュフロー分析
  • ●原価法、取引事例法、収益還元法、開発法のアプローチ評価
  • ●不動産実勢流通価格の査定

当社のアプライザル機能をさまざまな目的のためにご利用いただけます。

  • ●不動産投資における出口戦略上の再評価
  • ●不動産の売買、交換の場合の市場適正価値の把握
  • ●企業経営における不動産の資産評価
  • ●不動産を担保に融資、借入をする場合の市場適正価格の把握
  • ●賃貸借または家賃の改訂を行う場合の賃料評価(地代評価)
  • ●不動産証券化、証券化後の再評価 等

※当社の分譲マンション開発プロジェクト評価や融資実行の際の担保評価は、メガバンク等からも絶大な信頼を得ております。

お問い合わせ
PAGE TOP